鹿児島市 歯科 よしどめデンタルクリニック MARUYA GARDENSではインプラントをはじめ、審美歯科、歯周病予防、ホワイトニング、予防歯科のご相談を承ります。

よしどめデンタルクリニックマルヤガーデンズ

無料相談・お問い合わせ(土日祝も診療)
099-243-0355受付時間:10:00〜20:00

3Mix-MP法(病巣無菌化組織修復療法)

痛くない?むし歯治療 3Mix法(スリーミックス)

痛くない?むし歯治療 3Mix法(スリーミックス)

3Mix法は、3種類の抗菌剤を混ぜ合わせて用いることによって病巣を無菌化し、できるだけ象牙質・歯髄・根尖病巣も除去することなく組織を修復するむし歯の治療方法です。
三種の抗菌剤

3Mix: Metronidazole(メトニダゾール)、
Minocycline (ミノサイクリン)、
Ciprofioxacin (シプロフロキサシン)

の3種類の抗菌剤の混合物)とマクロゴール(M)・プロピレングリコール(P)の軟膏を混合した抗菌剤を使用しています。
これまでの治療法は、細菌に侵された部分を全部削り取って、細菌を取り除かなければなりませんでした。
その結果、歯の神経に近いむし歯に対しては歯の神経をとるか、むし歯は取ったけどその刺激に歯の神経が耐えられなくなり歯の神経を取らざるをえない・・・・ということがよくあります。
3Mix法は、神経に達するほどの大きなむし歯でも、細菌に侵されてしまった部分だけを取り除き、お薬で無菌化します。
上手く無菌化が行われると、軟かいむし歯の部分は再び硬くなり、神経を取らずに治癒することができるのです。
削る量を必要最小限に止め、削ると痛い場所にあるむし歯にお薬を使って殺菌するため、歯を削る痛みがほとんどありません。
普通なら神経を取ってしまわなければいけないような歯も、取らずにすむことができるようになり、結果的に歯の寿命を伸ばすことにもつながっています。
ただし、すでにむし歯が神経まで達している場合などには使用できません。

3Mix法と従来の治療の比較

3Mix法
3Mix法

◎削る部分は必要最小限
◎神経を残したままむし歯を取るので、歯の強度が保てます。
◎子供の歯の成長にも有効です。

従来の方法
従来の方法

神経を取ってしまうと…
痛みは消えますが、歯はもろくなり、かたいものを噛んだりするとちょっとしたことで折れてしまうことがあります。
また、痛みを感じないので、むし歯が進行しても気づかず、歯を失ってしまうこともあります。

また、3Mixを根っこの治療にも用いると、深いところにまで浸透し、通常の治療より短期間で終了することがあります。
これにより、従来なら歯を抜いたり、外科処置が必要であったりする場合にも、できるだけ歯を残すことができるようになりました。

3Mix法は非常にすばらしい方法ではありますが、決して万能の治療薬ではございません。
やむをえず通常の処置となる場合もありますし、症例によっては3Mix法を使用できない場合や使う必要のない場合もあります。

3Mix法のメリット

  • 歯を削る量が少なくてすむ。麻酔も要らないことも多い。
  • 通常ではむし歯が深くて神経を取る場合でも、神経を残せる可能性が高い。
  • 治療を短期間で終えることができる。
  • 歯の根っこが悪くて抜歯になる場合でも、抜歯をしないですむ可能性がある。